スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で-前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は24日、本体工事の中止を表明していた八ツ場ダム(群馬県)の建設予定地の同県長野原町を訪れ、地元住民と初めて意見交換した。同相は「困惑と怒り、将来に対する不安を抱かせているのはわれわれ政治の責任だ」と謝罪したが、住民側からはダム建設を求める意見が続出。議論は平行線をたどった。
 同相が就任直後の昨年9月に予定地を視察した際、住民側は「中止ありきでは話ができない」と面談を拒否した。同相はその後、本体工事に着手していない他の88ダムと同様、同ダム建設の是非を再検証すると表明。昨年12月になって住民側が意見交換に応じることを決めた経緯がある。
 意見交換会には、長野原町と、隣接する東吾妻町の住民ら約140人が参加した。同相は席上、国の危機的な財政状況などを挙げて同ダム中止を表明した理由を説明。その上で、ダムによらない住民の生活再建策を議論させてほしい、と求めた。
 しかし、住民側は「中止を前提とした議論はしない」と拒否。発言者からは「謝ればよいという話ではない」といった声も上がり、ほとんどが、ダム建設とダム湖を前提にした生活再建を進めるよう求める意見だった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

土地購入前日、8億円を集約=陸山会など複数口座から-資金洗浄意図か・小沢氏団体(時事通信)
<子どもの貧困>研究者らシンポ 都内で31日(毎日新聞)
試験管内で「体内時計」=細胞分化で発生-大阪大(時事通信)
衆院選訴訟で違憲判決=1人別枠方式「格差助長」-無効請求は退ける・広島高裁(時事通信)
漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす(産経新聞)
スポンサーサイト

「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー(産経新聞)

 文化財防火デーの26日、世界文化遺産の清水寺(京都市東山区)で、境内に整備されたばかりの国内最大規模の防火水槽も活用し、消防訓練が実施された。

 清水寺警備団や東山消防署などから約100人が参加。国宝の本堂南側から出火したとの想定で行われた。出火を知らせるベルが鳴ると、堂内の宝物が手際よく運び出された。本堂屋根に設置された放水装置も作動。1500立方メートルの防火水槽からくみ上げられた水も、一部の訓練で使用された。

 水のカーテンに覆われた本堂に、見学に訪れていた市立清水小学校の児童らは、観光客らとともに歓声を上げていた。

【関連記事】
エア参拝にモバイルお経…仏教界にもネットの波
今年の漢字発表、清水寺・森清範貫主「新たな心で生まれ変わって」
世界遺産守れ!清水寺に国内最大規模の防火水槽
清水の舞台から飛び降り 一命取り留め「まさに奇跡的」
清水寺創建にゆかりの坂上田村麻呂 99年ぶり坐像公開を前に御開帳法要

不合格なのに入学費用通知、あて名誤り送付(読売新聞)
大阪・城東区で民家火災、足の不自由な59歳死亡(産経新聞)
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行-検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)
酔って壁をけり壊した容疑、千葉県室長を逮捕(読売新聞)
「徳之島案」否定せず=普天間、ゼロベースを重ねて強調-鳩山首相(時事通信)

外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」(産経新聞)

 平野博文官房長官は27日の記者会見で、政府が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を検討していることに対し、都道府県知事や地方議会から反対表明や反対決議採択が相次いでいることについて「自治体のみなさんの決議・意見は承知していないが、そのことと、この問題とは根本的に違う問題だ」と述べた。参政権付与法案提出は、地方自治体の意見に左右されないとの見解を示したものだ。

 民主党は昨年の衆院選の政権公約(マニフェスト)で「地方主権」の確立を掲げているが、平野氏は「(この問題)地方主権の考え方とはまったく違う」と指摘。その上で「地方自治体の問題ではなく、わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのかという概念だ」と主張した。

【関連記事】
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」
外国人参政権は国民新党と調整 官房長官
外国人参政権 付与許容説の学者が誤り認める 反対集会で日大教授が明かす 
外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会

<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)
<窃盗容疑>ペンギン盗んだ業者逮捕 動物園でバッグに(毎日新聞)
<衆院予算委>首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)
日航は再生に全力を=鳩山首相(時事通信)
「かぐやびな」製作が最盛期迎える 兵庫・上郡町(産経新聞)

【寒蛙(かんがえる)と六鼠(むちゅう)】論説委員・長辻象平(産経新聞)

 ■能と古武術と宇宙開発

 地球暦2010年を迎えた。今年は、宇宙開発の世界で大きな変化と出来事が次々起きる。

 その第1は、国際宇宙ステーション(ISS)の完成だ。1998年から宇宙での建設が始まったISSは、今年の秋に全部の組み立てが完了する。世界15カ国が参加した計画だ。開始から12年。ついにサッカー場ほどの巨大構造物の細部までが出来上がる。

 ISSの中枢部を構成する日本の実験棟「きぼう」は、昨年7月に完成しており、12月末から野口聡一宇宙飛行士が滞在中だ。

 野口さんは、今年の初日の出をISSから眺め、元日を宇宙で迎えた最初の日本人となった。

 3月には、山崎直子宇宙飛行士がスペースシャトルでISSに行き、野口さんに合流する。2人の日本人の同時宇宙滞在も初めてのことである。常時、日本人が宇宙にいるのが普通のことであるという時代の始まりだ。

 だが、このスペースシャトルもISSの組み立て完了を機に、今秋引退する見通しだ。それが第2の大変化である。世界の宇宙開発の象徴的存在であったシャトルが30年の歴史に幕を下ろす。

 シャトルの引退後、人を乗せられるのはソユーズ宇宙船のみになる。米国も日本もロシアに頼まなければ、宇宙飛行士をISSに送れない。今後5年間はロシアの独壇場という状況が続くだろう。

 宇宙船として、ソユーズとスペースシャトルは、対照的なシステムだった。使い捨てと再使用という方式の差もさることながら、シャトルには航空機の、ソユーズには潜水艦の技術思想があったともいわれる。現にソユーズ宇宙船は潜望鏡を装備している。

 ともあれ、ソユーズは1967年に登場して以来、基本的な構造を変えていない。旧式なのだが、技術は熟成し、それが強みになっている。その「コンスタントな打ち上げ能力」には、米国が常々一目を置いてきた。

 価格も安い。最近のシャトルは老朽化による機体の補修費用が膨らんで1回の打ち上げに850億円前後を要しているが、ソユーズは60億円ほどしかかからない。

 結果として、1961年のガガーリンの有人飛行によって始まった宇宙開発競争の50年レースを走りきったのは、旧ソ連・ロシアのシステムだったのだ。

 宇宙開発にかぎらず、国際競争や協力の舞台において意味を持ち、評価されるのは、独自性であろう。各国が独自の文化に根ざした技術を持つことは、開発力の多様性にもつながる。

 現在、宇宙に滞在中の野口さんは、古武術家の甲野善紀さんに技の基本を学ぶなどして日本の伝統文化を身に付けている。地上とは勝手の異なる無重量空間で、困難な組み立て作業を手堅くこなす高度な技術は、古武術や能の所作に支えられたものなのだ。米露の宇宙飛行士を瞠目(どうもく)させている。

 独自技術の重要性ということでは、日本が開発し、昨年デビューした無人宇宙貨物船「HTV」も価値ある存在だ。日本の考案した新たなドッキング方式で、ISSに食料や資材を届ける。

 小惑星探査機「はやぶさ」もすごい。7年に近い過酷な宇宙の長旅で満身創痍(そうい)になりながら、そのつど立ち直り、けなげに6月の地球帰還を目指している。これも独自技術の醍醐味(だいごみ)だ。

 金星探査機「あかつき」も5月の出発準備を急いでいる。

 宇宙で文化と個性の輝きが求められる時代である。

<日米安保>記念行事に300人出席 横須賀基地(毎日新聞)
<訃報>北森鴻さん48歳=ミステリー作家(毎日新聞)
国技館あるから「よこづな」?いいえ「よこあみ」(読売新聞)
学校爆破予告メールは「何となく」 27校休校、容疑の男子中学生逮捕(産経新聞)
鳩山首相、「違う事実が出ればバッジつける資格ない」 偽装献金問題で(産経新聞)

空き地で女性死亡=上半身に刺し傷、雪に埋まる-北海道警(時事通信)

 19日午後2時15分ごろ、札幌市北区百合が原の空き地で、女性が雪をかぶった状態で倒れているのを通行人が見つけた。女性は死亡しており、上半身に刺されたような傷があることから、北海道警捜査1課と札幌北署は20日、殺人事件の可能性があるとみて捜査を始めた。
 道警は、近くに住む長男を訪ねてきた兵庫県の女性(72)とみて、身元の確認を急ぐとともに、司法解剖し死因などを詳しく調べている。 

【関連ニュース】
母親殺害容疑で長男逮捕=「介護に疲れた」
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減
7カ月長男死なせる=病院行かずに「手かざし」
拳銃持ち出頭の会社員逮捕=殺人事件との関連捜査

<花巻市長選>大石満雄氏が再選(毎日新聞)
アライド代表社員に懲役4年求刑 FX無登録営業で出資金詐取(産経新聞)
<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)
小沢幹事長、民主党代議士会に出席も無言(産経新聞)
民主党大会が開幕へ=事件から一夜、首相あいさつへ(時事通信)

実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)

 小説家、武者小路実篤(1885~1976年)の本、絵、書などを所蔵する実篤記念館(東京都調布市)では毎年好評のバレンタイン限定チョコレートを販売する。

 今年のチョコはカボチャのパウダーを練り込んだホワイトチョコと定番のミルクチョコを詰め合わせ、南瓜の絵と実篤が好んで書いた文字をあしらった平たい箱に詰めた。1個550円で23日から販売予定。バレンタインデー直前は販売が集中するため、20日から予約を受け付ける。先着100個で締め切る。【問】実篤記念館(電)03・3326・0648。

第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委(医療介護CBニュース)
<訃報>中尾銑治さん74歳=元日本中央競馬会騎手、調教師(毎日新聞)
<JOC>東京五輪招致委の一部費用負担へ 赤字決算を受け(毎日新聞)
助け合い誓う小6「17日のカレー」胸に抱き(読売新聞)
「小沢さんの説明不十分」地方代表から不満(読売新聞)

小沢氏、幹事長続投へ 「戦いに専念」、職務は輿石氏が代行(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長に近い同党幹部は16日、小沢氏の進退について、幹事長職を続投することを明らかにした。ただし、実際の党務は幹事長職務代行を兼務している輿石東(あずま)参院議員会長に委ねるとした。小沢氏は幹事長のまま「(東京地検特捜部との)戦いに専念する」(幹部)との意向だ。

 小沢氏は同日午前、首相公邸で鳩山由紀夫首相と会談し、この意向を伝えた模様だ。

 小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、元秘書の石川知裕容疑者(衆院議員)が逮捕された政治資金規正法違反事件では、土地購入の原資に疑念が持たれている。

 この幹部によると、小沢氏は「原資は自分の銀行口座から降ろしたものだと、地検へ伝えている」と話しているという。

 小沢氏は同日午後、党大会が開かれている東京・日比谷公会堂で報道各社のインタビューに応じ、石川容疑者らの逮捕について遺憾の意を表明する。

商店街で火災 大阪・泉大津(産経新聞)
遺体、不明の元社長と確認=栃木の井戸で発見-鹿児島県警(時事通信)
<自民>外国人地方選挙権付与 反対活動強化へ(毎日新聞)
執拗な客引き容疑 店長ら男3人逮捕 町田署(産経新聞)
買い物履歴を公開する米SNSが話題 プライバシー保護は大丈夫?(産経新聞)

<センター試験>東海3県は5万人64会場で(毎日新聞)

 大学入試センター試験が始まった16日、東海3県では約5万2400人が64会場で試験に臨んだ。このうち約1700人が受験する名古屋市千種区の名古屋大キャンパスでは、午前8時の開門と同時に、緊張した表情の受験生たちが続々と会場に入っていった。

 校門周辺では高校ごとに「必勝」の鉢巻きをした先生が受験生にチョコレートやあめを配ったり、激励の集会を開いたりした。【稲垣衆史】

行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」-福島(時事通信)
ティンカーベルに警告=子供服の原材料など誤表示-消費者庁(時事通信)
<柏崎刈羽原発>6号機の営業運転を再開 7号機に続き(毎日新聞)
水深150メートル、船名の一部か=10人乗り漁船遭難-長崎(時事通信)
カンザキハナナ 琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)

<交通事故>車衝突、コンビニに突っ込む 愛知で5人軽傷(毎日新聞)

 20日午前7時55分ごろ、愛知県瀬戸市汗干町のコンビニエンスストア「ファミリーマート瀬戸汗干町店」前の市道で、駐車場に入ろうとした同市の女性(64)の乗用車が、歩道を走ってきた高校1年の男子生徒(16)の自転車にぶつかった。女性が車をバックさせたところ、後続の乗用車に衝突。女性の車はその後、前進してコンビニ店内へ車体半分を突っ込んだところで停止した。女性と男子生徒、後続車を運転していた女性(31)と同乗していた幼児2人の計5人が軽傷。

 同県警瀬戸署によると、市道は片側1車線で工事のため交互通行中だった。店内は2~3人の客がいたが、けがはなかった。同署は女性から当時の状況について事情を聴いている。【中村かさね】

【関連ニュース】
交通事故:大学生はねられ死亡 横浜
衝突事故:バイクの高校生ら死傷 東京・江戸川
交通事故:降雪でスリップ パトカーなど5台追突 飛騨
交通事故:自転車の高2、車にはねられ死亡 愛知・豊川
ひき逃げ死:救助男性の目前に後続車 福島・いわき

【再生の街 水谷門下生の震災15年】(上)神戸市灘区・六甲道駅南地区(産経新聞)
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた(産経新聞)
「借りたカネは返すな! 」著者逮捕=顧客に脱税指南容疑-さいたま地検(時事通信)
大人気瀬戸内海の無人島 落札価格は2、3千万円? (J-CASTニュース)
久保が先勝=将棋王将戦(時事通信)

<ベルリン映画祭>山田洋次監督「おとうと」を記念上映(毎日新聞)

 【ベルリン小谷守彦】ベルリン国際映画祭事務局は19日、山田洋次監督の最新作「おとうと」を第60回同映画祭を記念する閉幕式上映作品に選んだ。同映画祭最終日前日の2月20日、各賞授賞式に続く祝典の場で上映される。同映画祭は2月11~21日。山田監督の作品はこれまで4本が同映画祭コンペティション部門に出品された。「おとうと」は出品作ではないが、事務局は「日本のマイスター監督の最新作」とたたえている。

【関連ニュース】
彼女がキレイな理由:蒼井優さん こだわりは黒のニット帽 バツイチ役「結婚にあこがれない」
時代を駆ける:山田洋次/1 「麦秋」…小津さんの肉声、聞こえたような
時代を駆ける:山田洋次/2 寅さんと鉄郎、笑いの人情
毎日映コンがやってくる:来月10~12日、山田監督特集 /神奈川
吉永小百合:鶴瓶15キロ減の壮絶ダイエットに「胸が苦しくなった」 映画「おとうと」会見

参政権法案、自民・大島氏は反対姿勢(産経新聞)
<部分日食>日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
理科実験中に爆発 豊島区の巣鴨高で11人けが(産経新聞)
大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)
捜索2日目、手掛かりなし=10人乗り漁船遭難-五島列島沖(時事通信)

首相動静(1月14日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

普天間移設現行案「完璧な理解ない」 国民新党(産経新聞)
<居酒屋発砲>重体の男性も死亡 大阪・羽曳野(毎日新聞)
日航CEO、「前向きに検討」=稲盛京セラ名誉会長(時事通信)
夫が元女性なら「非嫡出子」=人工授精で妻出産、扱いに差-法務省(時事通信)
<痴漢>愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)

航対連と30年ぶり 豊中市議会が懇談(産経新聞)

 大阪府豊中市議会の空港問題調査特別委員会は14日、大阪(伊丹)空港の騒音被害を受けていた地元住民との懇談会を開き、意見交換した。懇談の場が設けられるのは、騒音などの問題が深刻だった昭和54年6月以来30年ぶり。

 懇談会は、航路下で騒音被害を受けてきた住民の訴訟団10団体でつくる豊中航空機公害対策連合協議会(航対連)との間で実施。昨年夏から議会との間で開催を模索していた。この日の懇談会には航対連から9人が出席。岡忠義会長は「被害住民として空港の廃止を求めたことはない。問題はほぼ解決したと考えている」としたうえで、「(関西国際、神戸との)3空港の一元管理は地元自治体の意見が反映されておらずおかしい、ということを市と議会、住民団体が一体となって訴えなければ」と述べた。

 国相手の訴訟が相次いだ昭和40年代は、住民から市議会へ多くの要望がなされていた。現在は、議会、航対連とも空港存続と空港を生かした地域活性化の立場で一致している。

<石原知事>派遣村「あの程度の行事」 入所者「甘えた話」(毎日新聞)
<共産党>党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ(毎日新聞)
7カ月長男死なせる=教義に従い、病院行かず-殺人容疑で両親逮捕・福岡県警(時事通信)
<将棋>王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦(毎日新聞)
「派遣切りで自暴自棄に」キャバクラで豪遊 無銭飲食容疑で男逮捕  (産経新聞)

陸山会土地取引 「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に絡み、計1億円を同会側に提供したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の元幹部らが、小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=政治資金規正法違反で公判中=の要請で資金提供したと供述していることが分かった。うち04年10月の5000万円は大久保被告の代理として、当時の事務担当者、石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=に渡したと話しているという。

【関連記事】陸山会土地取引:石川議員事務所や鹿島など捜索 東京地検

 水谷建設は05年春の5000万円と合わせて計1億円を陸山会側に提供したとされるが、いずれも同会の政治資金収支報告書に記載されていない。

 元幹部らは東京地検特捜部の調べに「計1億円は大久保氏の要請で提供した。最初の5000万円は04年10月、東京都内のホテルで大久保氏の代理として現れた石川氏に、2度目の05年4月には同額を同じホテルで大久保氏に渡した」などと供述。資金を提供した理由については、国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県)の下請け工事を受注した成功報酬だったと説明しているという。

 胆沢ダムの工事で水谷建設は、大手ゼネコン「鹿島」が元請けで落札した工事と、「大成建設」が元請けで落札した別の工事の計2工事で、約80億円分の下請け工事を受注。特捜部は大久保被告の公判で、小沢氏の事務所が東北地方の公共工事で「天の声」を出し、受注に影響を与えていたと主張している。

 一方、最初に5000万円が渡されたとされる04年10月は、陸山会が秘書の寮として世田谷区の土地(代金約3億4000万円)を購入した時期。土地購入に際し石川氏は同月上旬、小沢氏の手持ち資金から現金4億円を受領し、同月29日まで数千万円ずつ分散したうえ最終的に陸山会の1口座に集約していたことが判明している。このため特捜部は、こうした資金移動の際に水谷建設からの5000万円が合わせて処理された可能性もあるとみている模様だ。

 大久保氏と石川氏は周辺や調べに水谷建設側からの資金受領を否定しているとされるが、特捜部は13日の再聴取で石川氏に再度確認するとともに、水谷建設側の供述の信ぴょう性を含めて捜査を進めているとみられる。

【関連ニュース】
陸山会土地取引:強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念
西松違法献金裁判:窓口役の部長が証言 来月26日結審へ
陸山会土地取引:小沢氏側関係先を捜索へ 石川議員再聴取
陸山会土地購入:石川氏2.8億円「寄付なかった」

よっちゃんいか
ケーキのブログ
お笑い界の牛若丸
こんなカメラマンは嫌だ!
g1epfms0のブログ

自民の苦悩…参院は衆院の“落ち穂拾い”なのか?(産経新聞)

【自民党苦悩の現場】(1)

 レスリング全日本選手権の最終日を迎えた昨年12月23日の東京・代々木第二体育館。吉田沙保里、伊調馨、浜口京子の五輪メダリストらがリング上で格闘を繰り広げる中、観客席やアリーナの役員席を懸命に歩き回る男がいた。元レスラーでチョンマゲをトレードマークとする前衆院議員、松浪健四郎(63)だった。

 「よろしく頼みます」「頼むよ」-。

 松浪はレスリング関係者らに次々に声をかけながら握手し、友人を見かけると100枚ほどの名刺を渡して「仲間に配ってね」とお願いした。相手もほとんどが「頑張ってよ」と肩を叩いて激励した。

 ■次まで待てない

 昨夏の衆院選で2度目の苦杯をなめた松浪は昨秋から、出身の日体大の同窓生らを頼りに活動を続け、講演だけでもすでに20カ所以上でこなした。

 地盤の大阪19区を離れ、東京で活動するのには理由があった。夏の参院選に比例代表の出馬を検討しているからだ。

 松浪は次の衆院選は任期満了直前までないだろうと予想する。「60歳を過ぎたのだから勝負のしどきを間違えてはいけない」。つまり「次まで待てない」ということだ。知名度の高さを武器に、選挙区にこだわるよりも全国の支持者に訴えた方が戦いやすいとの思いもある。

 かつて教鞭(きょうべん)をとった大学への復帰やタレント活動の選択肢もあるはずだが、なぜ政治家にこだわるのか。

 「政治に対する情熱と執念がある。それに対中東外交をもっとやりたい。中東問題は、おれしかできない」

 ■くら替え続出の背景

 衆院から参院へのくら替えは自民党では珍しいことではなかった。しかし、昨夏の衆院選では自民党は解散時の303議席から119議席に激減したため、くら替えを模索する元議員はかつてなく多い。

 とりわけ「参院で最後のひと花を咲かせたい」と考えるベテラン勢が少なくない。それが、比例代表の「70歳定年制」という党の内規と混然して、くら替え批判をもたらしている。

 国民新党入りを模索する元自民党副総裁、山崎拓(73)は6日、総裁の谷垣禎一に「外交安保問題、とりわけ北朝鮮問題に議員で取り組んでいきたい。ぜひチャンスを見いだせるようにご配慮願いたい」と比例代表での公認を迫った。元法相の保岡興治(70)も公認を求めている。

 次期参院選に向け、民主党による強烈な締め付けもあり、集票マシンである業界団体は次々に組織内候補擁立を見送り始めた。これは「固定票」の減少に直結するだけに、特定の後援会組織を持つ元衆院議員を比例代表で擁立することは自民党執行部にとってメリットも大きい。谷垣が党再生に向けて設けた政権構想会議が、元衆院議員を念頭に「ブロックで集票できる候補者」の擁立を比例代表候補で検討するよう勧告したのはそのためだ。

 ■反発する中堅・若手

 これに抵抗しているのが、参院を中心とした中堅・若手らだ。

 参院には元々、「参院は衆院の落ち穂拾いではない」との思いがあるが、理由はそれだけでない。

 批判の急先鋒である参院議員、山本一太(51)は自らのブログで「『離党』によって生じるマイナスの影響より、比例で公認したときの負のインパクトのほうが大きい。というより、無党派対策に『壊滅的な打撃』を与える可能性すらある」と断じる。

 その一方で、大量落選した「小泉チルドレン」の中にも比例代表での公認を目指して執行部に直訴する者が後を絶たない。ある党幹部は「支持団体をつけてほしいとおねだりしたり、『私は30万票を集めてみせます』と見栄を切ったり…。勘違いしている人間があまりに多い」と嘆く。

 結局、執行部は山崎、保岡の公認を見送る方針を固めた。それでも、参院では、衆院からの大量のくら替えをなお警戒する。

 ある閣僚経験者は、山本らの主張にある程度の理解を示しつつも「問題は集票を期待できる若手をどれだけそろえられるかなんだ」と打ち明ける。

 それでも松浪は「言うのは自由だが、自民党には定年制はあってもくら替え禁止のルールはない」となお強気だ。今年の手帳には、すでに全国各地の予定がぎっちり記されている。全国行脚の「実績」を引っさげて、自民党に公認申請する考えだという。

 昨年暮れ、松浪は大阪市内の会合でばったり出会った参院幹事長の谷川秀善に「くら替えは厳しいぞ」とささやかれ、嫌みを込めて言い放った。

 「それだったら他党に行きますよ!」

     ◇

 昨夏の衆院選で惨敗した自民党にとって、今夏の参院選に党の命運がかかっているといっても過言ではないが、障害や対立が絶えない。関係者が抱える苦悩ぶりに焦点を当て、随時掲載していく。

=敬称略

【関連記事】
ブログ市長にモノ申す! 総理母からの“子ども手当”も…参院選は「自、民の負け比べ選挙」
鶴保議員が参院選正式出馬表明 「自民の自信取り戻す戦い」
“小泉チルドレン”小野次郎氏が離党表明
小沢氏が自民牙城に猛攻 渦中でも選挙大事?
自民の参院選 山崎、保岡両氏は公認見送りへ

まさあきのブログ
2010年サンダース軍
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ショッピング枠現金化
無料ホームページ
プロフィール

さわいちぎょう

Author:さわいちぎょう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。